高崎のチェリッシュでホット体験♪

仕事で何度か高崎には来た事があったが、大体いつも利用するお店はスナック・セクキャバで、気分がノったらその後デリヘルorピンサロへ行く事が多い。
高崎にはヌキのお店はそれなりに数はあるが、セクキャバやおっパブといった類の程良くホットなれる店の数がとにかく少ない。
いつもは、某老舗セクキャバ店を利用しているが、連チャンで通った時はキャストの面子もお馴染みで、ど~も飽きてしまうんだよなあ‥。

という事から、今夜は“高崎・チェリッシュ”という新しい店舗に突撃してみる事にした。
システムはおっパブか、いちゃキャバのどちらからしい。
要するにライトなセクキャバという事は確かだ。
でも、地方のお店って良い意味でも、悪い意味でも、思いがけないハプニングに襲われる事があるので、こういったシステムが曖昧なお店も嫌いでは無い。

では、良い意味でのハプニングを求めて行ってみるとしよう。

料金・店内について

電卓■料金
1set40分 7,000円
高崎にあるセクキャバと比べると、少し割高だ。
■店内
店の住所をカーナビに入力して高崎・チェリッシュへと向かったが、到着したのは駐車場のタイムズだった。
おそらく、このあたりだろうと車をタイムズに停めてからお店へと電話して、詳しくお店の場所を聞いて辿り着く事が出来た。

2階へ上がると、思っていたより高級感が漂う店内に少し怖気づいてしまう。
だが、大丈夫だ‥問題無い。
先述したあらゆる嬉しいハプニングだけでなく、嬉しくないハプニングにも備えてクレジットカードは隠しておいたwww
店に到着すると、手慣れたボーイが愛想も無く席へと案内。

ざっと店内を見渡すと狭めの店内にびっしりソファーが置かれていた。
仕切りが無いオープン過ぎる席で、嬉しいハプニングは期待できなさそうだ‥w
こんな所で過度なオサワリをしてしまったら、おそらくすぐにつまみだされるだろう。
気を取り直し、改めて純粋にキャストのレベルをマジマジと見てみた。

20代前後の若いキャストが中心で、レベルはソコソコ高い
頼んだ飲み物が届くと同時に、一人目の女の子もやってきた!

プレイ内容

一人目

女の子一人目の嬢はKちゃん。
二十歳くらいで、胸はD、Eカップくらいでスタイル抜群。
色白で上品な顔立ち。
まあまあ私の好みのタイプだ。

K「高崎にはよく遊びにくるんですかー?」
私「最近セクキャバとかでは、ちょこちょこと遊んでるよ」
K「へぇ~そなんだ♪」
K「セクキャバよりはこのお店ライトだよー」
私「うん、知ってる知ってる」

そのライトなシステムなのに、こんな事を!?
というのを期待してきているんだが‥。
どうやらお店のつくり的にも、女の子のノリ的にも、純粋に楽しんだ方が良さそうだ。
それはそうと、Kちゃんの衣装が胸元がパックリ開いているので、服の上からオッパイを触っても直オッパイが手に当たってしまうな‥。
これは仕方無いだろう‥。
私「お、おっぱい触ってもいい?」
K「えwいきなり!?w‥ん~いいよっ」
私「(よっしゃー!)」

高いお金を払っていちゃキャバに来ているんだから、当たり前の事だが喜んでしまった。
まずは、服の上から両手でゆっくりとモミモミモミモミ。
続いて、千里眼を使って乳首の位置を透視して、乳首を責めてみる。
K「んっ‥んんっ‥」

まずまずの反応だ。
生ティクビをイジってやったらどんな反応をするんだろうか‥。
好奇心で頭がいっぱいになってきた。
そーとっ服の胸元の開口部分へと手を伸ばしてみると‥。

K「服の上からのみでお願いしまーすw」
私「えぇぇぇぇぇ‥ダメなんだ‥」
‥と言いつつ、うすうすダメだろうとは気付いていたがw
気を取り直して純粋にいちゃいちゃを楽しんでいた。

胸以外にも腰やお尻をスリスリしていると、だんだんモンモンとした気持ちになってきた
よし‥そろそろ‥
私「チュ、チュチュチュ、チュウしようか。ハァハァ‥」
K「う、うんw」
「ムチュゥゥゥ」
爽やかなチュウをされそうな予感がしたので、吸いつくようなチュウでKちゃんの唇に残っている僅かな唾液も吸い取ってやったw

K「ちょっとw何かすごいんだけどw」
私「ええ?w」
ドン引きされるかと思ったが、案外和やかなムードになって良かった
終始良い感じにいちゃいちゃムードな時間を過ごせて、一人目の女の子の時間が終了。

場内指名のお誘いをサラリとかわして二人目を待つ事にした。

二人目

女性嬢「しつれいしま~~す♪」
私「どーぞどーぞー」
5分程インターバルを設けてから、二人目がやってきた。
私「はじめまして~お名前は?」
嬢「Mで~す♪」

ノリの良いMちゃん。
ムッチムチだが、きちんとオッパイにも肉がついているので合格だ。
ポッチャリ貧乳は嫌いだが、ポッチャリ巨乳は嫌いじゃない!‥いや、むしろ好きだ!
私「すっごいムチムチだね~」

‥と、言いながら二の腕をオッパイのようにモミモミしながら言った。
M「ちょっとおー!デリカシー無さすぎいいいっ」
私「いあ、褒めてるんだよ?いいじゃないムッチムチ~w」
私「オレ、ポッチャリしてる女の子大好きなんだよね~」

こういうジャレ合う感じのカラミも嫌いじゃない。
とにかくムッチムチだったので、ゼロ距離で密着しながらイチャラブモード
エロエロモードに切り替わってしまうと、出来る事に制限があるので深呼吸して落ち着かせる事にした。

私「ふぅーーーー!」
私「ああああ!ヤバイ!Mちゃん可愛過ぎて理性が無くなりそうw」
M「フフフフ♪ダメだよ我慢しなきゃ~」
その対応も可愛過ぎて、たまらなくなってチュウ~!

あまり濃厚なチュウは店的にNG?かなと思っていたが、舌を伸ばしてMちゃんの口に突っ込むと、まるでチ〇コをしゃぶるかのように、私の舌を「ジュボ‥ジュボ!」としてきた
‥このままでは、本当に一線を越えてしまいそうな程に興奮してきたので、再び深呼吸をして落ち着かせた。

私「Mちゃんって、どんな男性がタイプなの?」
急遽訳の分からない話題へと無理矢理シフトさせて、この窮地を乗り越えようとした。
M「お兄さんみたいな人♡」
うわああああ~!!ダメだああああ~!
再びチュウ~~!!すると、再び吸いつきチュウ~!!

私「ハァハァハァハァ」
M「どうしたのw我慢するのしんどいの?」
私「うん‥ものすんごく‥‥しんどい」
M「キャハハハハハハ~( *´艸`)カワイイーーwww」
ある程度カチッとしたルールが決まっているセクキャバの方が、色々とデキル事は多いかもしれないが、このおっパブ?いちゃキャバ?

どちらか分からないが、このシステムの方が私はどうやら興奮してしまうようだ。
そうこうしている内に、終了時間がやってた。

M「えぇ~もう帰っちゃうのお?」
私「うんwもう我慢出来なくなったから、発散しに行かないとw」
M「スケベーー!」
高崎ではお高めのお店で遊んだ挙げ句、我慢出来なくなってこの後更にお金を使ってヌキのお店に行ったのは言うまでもない。

まとめ(総合評価)

嬢の質、レベルはシステム料金が高いだけに満足のいくクオリティだった。
同エリアにあるセクキャバと比べると、少し値段が高い気がするが、セクキャバのお店と住み分けした上での値段設定だと思う。
割り切って楽しめる‥という人にとっては、高崎チェリッシュは金額、キャストのレベル共にソコソコじゃないかな~。
個人的に改善して欲しい点を挙げるなら、もう少し値段を安くして欲しいかな。

私は、自分自身のコンディションが、もし興奮してしまっても我慢できそうな時であれば、また来たいかなーとは思うがw

コメント

タイトルとURLをコピーしました